海老の会席料理風そうめん

P5231088.jpg

“錦糸卵”というと、やはり日本のハレの日の食卓に欠かせない

華やかなものですね。

子供のころふわふわで普段見かけない卵の姿に

嬉しくなった方も少なくないかと思います。

今では、電子レンジで仕上げる専用のキッチンツールが

出たり、シート状の卵やすでにカットされている卵が

売られていることもありますが、昔はお祝い事の日に

母親が丁寧に焼いていたと思うと滋味深いものですね。

そんな錦糸卵ですが、字のごとく華やかなだけではなく

タレやソース、つゆなどとなじみが良いので、相性がとてもよく

そうめんを作るときにゆでている間にサッと焼くだけで

上品な会席風そうめんになりますよ。

今日は海老といんげんも使っているので、彩りも豊かで

ちょっとしたランチにもおすすめです。

【材料】<2人分>
・そうめん 2束
・海老 9尾ほど
・いんげん 4本
・卵 2個

相生産業 柚子味噌ドレッシング 適量
・めんつゆ 適量
・片栗粉 小さじ1/2
・酒 小さじ1/2
・塩 ひとつまみ
・油 少々

P5231085.jpg

【作り方】

1.いんげんは 4cmほどの斜め切りにし、海老は背ワタが多い場合は竹串などで除いておく。
 卵は溶いて調味料を混ぜておく。
 そうめんは茹でる。

P5231086.jpg

2.フライパンにキッチンペーパーで薄く油をひき、弱火で卵を流し込み薄焼きにする。
 粗熱が取れたら、重ねて6cm幅に切り、細切りにする。

3.さらに湯を沸かし、酒小さじ1/2、塩一つまみ(ともに分量外)を加えて
 えびといんげんを茹でる。

P5231087.jpg

4.めんつゆを好みの濃さにし(倍のものは水で希釈)器に盛ったそうめんにかける。

5.海老、いんげん、錦糸卵を飾ったら相生産業 柚子味噌ドレッシングをかける。

P5231090.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント