更科えび天蕎麦

PC311718.jpg

関東のみなさんにはおなじみの“更科蕎麦”

うどんが主流の関西ではあまり馴染みがないかも

知れませんが、更科蕎麦はそばの実の中心部分を

使ったもので、見た目にも白いのが特徴です。

田舎そばと呼ばれる、10割そばなどは色も

濃いサンドグレーのような色をしていますよね。

上京されたばかりの方は更科蕎麦を見て

おつゆの黒さに驚くともいいますが、蕎麦の白さが

余計にそれを引き立てているのかも知れませんね。

体には10割や8割のものがよさそうな気もしますが、

イメージとは裏腹に、美味しいところだけを使っているので

とてもモチモチしていて美味しいのです。

なんとなく粋な感じもありますが、まさに上品なお味とも申しましょうか。

今日はそんなお蕎麦をシンプルに頂く、えび天そばにして

みました。

野菜の灰汁などもなく、相生産業かつおエキス

シンプルな旨みを味わってくださいね。

PC311714.jpg

【材料】<2人分>
・更科そば(生) 2玉
・えび天 2本

相生産業かつおエキス 大さじ1
・醤油 50ml
・みりん 50ml
・水 700ml

PC311716.jpg

【作り方】

1.えび天はアルミホイルに乗せてトースターでスタンバイさせておく。
 蕎麦を茹でるためのお湯を沸かす。

2.鍋に水と調味料を入れてひと煮立ちさせる。
 葱を入れる場合は、長ねぎを小口切りにする。

3.蕎麦をゆで始めると同時に、トースターでえび天を焼き始める。
 きっちり2分で引き上げて、冷水で〆る。

4.ざるで水分をよく切ったら、つゆの中に入れて弱火で20秒ほど温める。

5.丼に蕎麦をそろえて盛り付け、つゆを注ぎ、えび天を乗せる。
 長ねぎを入れる場合は小皿で添える。

PC311722.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント