パプリカのサーモン詰めバジルチーズ焼き

初夏を迎えて、色彩豊かな野菜たちがスーパーで並ぶようになりました。

中でも、目を引くのは原色のパプリカ。
黄色、オレンジ、赤。
そこだけ見ると、外国のマルシェみたいでとっても綺麗です。

パプリカは、ピーマンとほぼ同じような栄養ですが
その量は 緑のピーマンよりもたっぷり!
なかでも、ビタミンCが豊富なので、夏バテ防止や疲労回復効果、
美肌効果があります。
果肉が厚いので、加熱してもビタミCが破壊されにくく、炒めて食べてもOK。
ピーマンに比べて甘みがあるので、ピーマン嫌いの人でも
食べやすいと思います

今日は、カラフルなパプリカを使って
見た目にも鮮やかな夏の簡単メニューを作りましょう。


<材料>
パプリカ2色 各1個
サーモン 2切れぐらい
相生産業バジルソース仕込み用 小さじ1/2ずつ
小麦粉 適量
とろけるチーズ 適量


<作り方>
1.パプリカを縦に1/3にカット。(中にサーモンを入れるので器になるように切る) 
  種と白い部分を切り取り、小麦粉をふるっておく。
2.サーモンを一口大に切り1のパプリカに入れ、相生産業バジルソースを 
  かけてチーズをのせる。
3.オーブントースターで約8?10分焼いて出来上がり。

パプリカのサーモン詰めバジルチーズ焼き


今回は、イエローとオレンジのビタミンカラーのパプリカを使いました。
食卓がぱっと明るくなって、食欲もわいてきそうですね

緑ピーマン嫌いな甥っ子も、私の分まで取り上げて食べてくれました(笑)


パプリカのサーモン詰めバジルチーズ焼き
見ているだけで
楽しくなりますね♪













切ってサーモン入れて バジルソースとチーズをかけて トースターでチン
の簡単ステップで、初夏の食卓を明るく彩りましょう

関連記事

コメント

非公開コメント