ひき肉と野菜の照り焼きチーズ丼

10-2.jpg

夏になると南国風のメニューが食べたくなる!という方も

少なくないと思いますが、今日はタコライス風の丼モノです。

南国っぽいものは魅力的だけど、エスニックな香りが苦手!

という方にオススメの一品です。

小鍋で作るため、脂が飛ばず暑い季節でも涼しく調理できます。

味付けは相生産業照り焼きソースなので甘辛い味は

お子様にもぴったり。

今回はひき肉を赤身のものを使っているので、脂っこくなく

食欲の落ちた時期にも、お子様の胃にも優しいですよ。

最近はスーパーなどで赤みのひき肉が販売されていますが

通常のものよりも色味が悪いのが特徴で、脂肪が少ない分

仕方ないものです。古そうだと思い込んで、なかなか手が出ない方も

一度チャレンジしてみて下さい。肉の旨みがとても感じられますよ。

10-4.jpg

【材料】<2人分>
・豚ひき肉 (赤身) 100g
・にんじん 5cmほど
・ピーマン 2個
・レタス 2枚
・溶けるチーズ 大さじ山盛り2
・かつお節 少々
・ご飯 1膳分

相生産業照り焼きソース 大さじ1+1/2
・油 大さじ1
・酒 大さじ2
・塩コショウ 少々

10-3.jpg

【作り方】
1.ピーマンは縦に細切りにし、人参は短冊切りにする。
 レタスは洗って半分ほどにちぎっておく。
2.小鍋に油を入れ、ひき肉、人参、を入れてふたをして中火に掛ける。
3.色が変わったら、ピーマンを加えてざっくり混ぜ、酒、相生産業照り焼きソースを加えて混ぜ、塩コショウで調味する。
4.丼にご飯を盛り、レタスを乗せ、3を乗せチーズをかけ、かつおを飾る。

10-1.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント