里芋といかのサクサク揚げ団子

こんばんは?

寒くなってくると、ほっこりしたものが食べたくなりますね?。

秋が旬の里芋もそのうちのひとつ。

ぬめぬめとした食感が特徴ですが
これは ムチンやガラクタンという成分によるもので
血圧やコレステロールを下げる効果があります。
メタボ防止にもぴったりな食材ですね。

今日はイカと組み合わせて醤油味のサクサクとした揚げ団子を作りましょう。


<材料>
いかげそ 100g
里芋 大きめ3個ぐらい
相生産業サクサクチキン 20g
水 15g
サクサクブレダー粉 20g


<作り方>
1.鍋に里芋とひたひたの水を入れ茹でる。約15分ほど茹でたら 流水につけながら
  皮をむく。むいたら荒く切る。
2.いかげそは細かく切り、1の里芋と相生産業サクサクチキンと水を入れて よく混ぜる。
3.丸く成形し サクサクブレダー粉をつけて 170℃の油でキツネ色に揚げて出来上がり。


里芋といかの揚げ団子


相生産業サクサクチキンは醤油味なので そのままでもおいしくお召し上がりいただけます。
ちょっと物足りないな?という場合は 軽く塩をつけるのがおすすめ。
相生産業ハーフソルトでどうぞ?。
ほくほくした里芋と、ぷにぷにしたイカの組み合わせが
とってもおいしいですよ?♪


里芋は、水から茹でてからのほうが 綺麗に簡単に皮がむけますので
試してみてくださいね


明日は寒波だそうです。
暖かくしてお休みください ☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚



関連記事

コメント

非公開コメント