帆立皮ヒモの香味ダレ和えカボス風味

こんにちは


今日は絵文字が出るようです(^^;)


9月に入りましたが、酷暑が続いております・・・
気分は秋で 秋のファッションにシフトしたいところですが
この暑さで、汗がダラダラ・・・
やはり通気性の良い素材じゃないと まだまだ過ごしにくいですね。
定番のストールなど巻き物なんて とんでもないっ!



さて、そろそろスーパーなどでは カボスを見かけることが
増えてきました。
カボスは 主に大分県で採れる柑橘類なのですが
クエン酸とビタミンCがとっても豊富。
まさに 疲労回復と美肌効果の高い柑橘類なんです。
仕上げにキュッと絞って お手軽に栄養補給しましょう!


<材料>
帆立貝ひも 100g
塩 小さじ1程度
きゅうり 1/2本
相生産業香味ダレ 小さじ1
かぼす絞り汁 小さじ1?2
ごま 適量


<作り方>
1.帆立貝ヒモを流水で洗い、塩を入れたお湯でボイルしたら、氷水にさらして冷やす。
2.千切りにしたきゅうりと混ぜ、相生産業香味ダレとかぼす絞り汁を絡めて出来上がり。
  仕上げにごまをふって。


帆立皮ヒモと香味カボス風味


カボスは 柑橘類の中でも 酸味が少ないので
素材を生かして、風味良く仕上げてくれるんですよ?

カボスの代わりに、お酢を少々 または レモンやすだち、
ライムなども使えますが
個人的には、やっぱりカボスが一番おすすめです。

大葉を刻んで乗せても いい香りが食欲を刺激してくれますよ


私のレシピには、貝ヒモがよく登場しますが、
貝ヒモって、炒めて良し、和え物にして良し、
はたまた炊き込みご飯に加えても良し
と 結構万能な食材なんです。
なのに オドロキのコストパフォーマンス
近所のスーパーでは、200g 約80円ぐらいです。
ね?主婦の味方でしょ!?
香味ダレとも相性バツグン!
スパイシーさが 貝ヒモにとてもよく合います。


お酒のお供に、毎日の献立に悩んだら、
とっても簡単あっという間に仕上がりますので
どうぞお試しください
分量は 適当で大丈夫ですよ?


関連記事

コメント

非公開コメント