ビーツの箸休めサラダ

みなさんは“ビーツ”という野菜を見かけたことはありますか?ピンクが鮮やかなロシア料理のボルシチスープには欠かせない食材ですがいわゆるカブの一種なので、そう思うと活用の幅も広がりますよね。購入者が少ないせいか、たまにみかけるとお安く売っていることもあるので是非、チャンレンジしてみてくださいね。酢漬けにしたり、サラダにして食べると甘みもありとても食べやすく、食卓が華やぐ食材ですよ。【材料】<2人分>・ビ...

巣ごもりひき肉のオイスターソース

みなさんも一度は作ったことがある“巣ごもり卵”キャベツで作られるのが一般的ですが、基本的にはお野菜なら何でもOK。なので、一度は作ってるかもとなるわけです。ちなみに巣ごもりとは、まさに鳥の巣を表しているのですが、細切りにしたキャベツやもやしなどがポピュラーな一方でほうれん草や、たまねぎやジャガイモ、ベーコンなどのたんぱく質が加わったものもあるようで、多種多彩なようです。今日は、お野菜が少なめでひき肉が...

はんぺんと海苔のふわふわ小鉢

 イベントシーズンになると、普段あまり買わない食材を買う機会も増えるもの。お正月を控えると、特におせちの準備で必要な食材を買出しに行くことも。そして、最近では買うと高価なこともあって、伊達巻を自作するご家庭も増えていますね。その際に不可欠なもの、それは“はんぺん”です。すり身で出来ていて、やまいもなどがつなぎになっていて添加物なども少ないためとても安心できる食材。その上100円ほどなので、家計にも助か...

もやしのさっぱり和え

いつの時期もお安く買える便利な“もやし”お手ごろというよりももはや、お買い得価格なのでつい、一応買っておこうとカゴに入れてしまう方も多いのではないでしょうか。でも賞味期限も短く、早めにつかってしまわないと傷みやすいというウィークポイントも。今日はもやしを使ったメニューなので、うまく付き合う方法を伝授したいと思います。まず、もやしは野菜売り場でもちゃんと冷やされて販売されていますよね。なので、ご家庭で...

シーザーキャロットサラダ

カフェメニューなどではよく目にすることのある“シーザーサラダ”ですが、皆さんはネーミングの由来や定義をご存知ですか。「シーザー」というのは、メキシコの料理人のお名前だそうで、シーザーさんが考案したものなのですね。アメリカとの国境にあったレストランだそうで、ハリウッド俳優がその美味しさゆえに本国に広まったそうです。なので、アメリカのイメージなんですね。濃厚なドレッシングと相性の良いロメインレタスが使わ...

サーモントラウトの照り煮

“照り焼きソース”といえば、今や海外でも知られていてピザソースやハンバーガーなどでもある、なじみの深いお味。醤油をベースに甘辛い味は、お肉でもお魚でも相性抜群。お野菜を足すと更にうまみが増すのですが、野菜と一緒に調理してしまうと、どうしても水分が増えてしまうので薄まってしまい、食材に味がなじまないことも・・・。今日は、今が旬の素材「ねぎ」と一緒にトラウトサーモンを照り煮にしてみました。淡白なトラウト...

さつまいものオレンジソース和え

寒くなるとスーパーにも焼き芋器が置かれ、販売されるさつま芋の種類も増えてきますね。紅あずまなどの細身のものから、安納芋などのまるっこいものなど最近では種類がとても豊富です。実際にどのくらいの種類のさつまいもが出回っているかとても興味がわきますね。スーパーによっては売り場の面積が広い場合、サツマイモの特設コーナーが設けられ、甘さや味のバランスが分布グラフで表記されているお店などもあります。食べ比べを...

れんこんとほうれん草の梅塩炒め

お正月料理ではお煮しめや酢蓮に使われることもあって師走には若干値上がりもする“れんこん”見た目にきれいなものを選べば、間違いはないのですが最近では漂白されているものもあるそうです。お正月の料理に使う際には、気をつけて買わないと傷んだものを買ってしまうと、白く仕上がらないこともあるので注意が必要ですね。粘り気の成分、ムチンが含まれていてとても体に良いのでお正月をすぎても積極的に摂りたいお野菜ですね。【...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。